ほるるもんど

八ッ場ダムの一仕事。

 

ダム建設は全国各地でいろいろな活動が行われていることは知っているけど、
今回のようなケースはなかなか無かったのではないかな?

ある意味、世論はダム建設賛成にシフトする方向性だと思う。
さらに、反対側のHPには、こんなことも書かれていた。

 

反対運動のHP

確かに、「利根川の洪水調節」は八ッ場ダムの主目的の一つですが、ダムの治水効果はそれほど大きなものではありません。

 八ッ場ダムの反対運動に長年取り組んできた嶋津さんによるコメントを紹介させていただきます。
 現時点では、公表されている洪水のデータは限られていますので、言えることは限られていますが、国交省関東地方整備局の水位観測所のある利根川流域の群馬県伊勢崎市八斗島(やったじま)地点と埼玉県久喜市栗橋地点のデータをもとに作成されたグラフも以下に掲載します。

「八斗島と栗橋の水位変化(以下の図参照)を見ると、今回の洪水で利根川の水位が計画高水位(注)に近づきましたが、利根川本川は堤防の余裕高が2メートルあって、計画堤防高にはまだ十分な余裕がありました。
 したがって、今回の台風では、八ッ場ダムの洪水貯留がなく、水位が多少上がったとしても、利根川が氾濫することは考えられませんでした。

 また、国交省による八ッ場ダムの治水効果の計算結果(以下の図参照)で明らかなように、八ッ場ダムの治水効果は下流に行くほど減衰していきますので、今回の八ッ場ダムの洪水貯留がなくても、利根川中流下流の水位がそれほど上昇しなかったと考えられます。」

台風19号、利根川における八ッ場ダムの洪水調節効果 | 八ッ場(やんば)あしたの会

「言えることは限られていますが」と言いつつ、最後の結論の持っていき方、凄いね。
なんとしても否定したい気持ちが滲んでる。

そこまで情熱を注げるのはすごいと思うし、
参加者がご高齢な方々なのも一つ傾向として面白い。

 

Twitterの声(ポジティブ)

ちなみにTwitterのポジティブな声はこちら。

tr.twipple.jp

ダム用語はこちら

 

www.river.go.jp

 最後に

自然を守って人の命を危険にさらすか、
人の命を守って、自然を壊すか、

今回の一件が他のダム反対運動に及ぼす影響は、かなり大きいと思う。
自然保護は非常に重要だが、一方で国民や国の機能を守るためには、
一定の犠牲は必要な気がする。
だけど、自分の知っている土地がダムに沈むとなるとどう思うだろうね。

難しいね。
正直、日本の河川は、海外の河川を比較すると「滝」と言われるぐらい急だし、
治水はしっかりしておかないといけないとマズいと思う。
そこは一度、仕分けで廃止した民主党系列の議員(特に蓮舫氏)はしっかり過去を反省してほしい。

 

 

ダムカード大全集 Ver.2.0

ダムカード大全集 Ver.2.0

 
ダムの科学 知られざる超巨大建造物の秘密に迫る (サイエンス・アイ新書)

ダムの科学 知られざる超巨大建造物の秘密に迫る (サイエンス・アイ新書)

 

 

異常気象の増加と、治水の強化

異常気象の増加がしているので、今まで以上に治水を強化する必要がありますね。

各地で堤防の決壊、越水が発生していますね。

 

スーパー堤防(高規格堤防)の整備には、膨大なお金と時間が掛かるけども、
国民を守るためにも省いて良い投資ではないと思う。

 

越水しても崩壊し決壊しないよう、裏法面を3%以内の緩やかな勾配としたものを高規格堤防という。堤防高を越えても緩やかに流下するため被害を最小限に抑える効果がある。1987年に建設省(現国土交通省)が事業として始め、利根川、江戸川、荒川、多摩川、淀川、大和川の5水系6河川区間約873kmの整備を対象とした。第一号として利根川沿いの千葉県栄町矢口が完成した。その後事業見直しが行われ、河川下流部の120㎞の整備に変更された。荒川下流部、多摩川下流部、江戸川下流部、淀川下流部、大和川下流部のみの整備となった。なお、利根川江戸川部分のかつて整備範囲だった堤防では首都圏氾濫区域堤防強化対策として通常堤防の強化が工事が続けられている。荒川中流部ではさいたま築堤が行われている。

Wiki高規格堤防 - Wikipedia

 さらに、

沿革

 

民主党政権事業仕分け第3弾でスーパー堤防事業は廃止と評価判定

日本を壊すことに対しては本当に積極的だったな。
民主党系列にはもう政権を持ってもらいたくない。

 

治水技術の歴史

治水技術の歴史

 
増補 洪水と治水の河川史―水害の制圧から受容へ (平凡社ライブラリー)

増補 洪水と治水の河川史―水害の制圧から受容へ (平凡社ライブラリー)

 
水害から治水を考える―教訓から得られた水害減災論

水害から治水を考える―教訓から得られた水害減災論

 

 

日本酒・木戸泉

 

旅サラダ レうまの旅 in 千葉・いすみ市

「五穀豊穣を願う大原はだか祭り」の特集で紹介されていました。

 

祭りの時の雑多な飲み方をしていましたが、美味しそうでした。。。

買い物メモに追加です。

 

 

米上場の中国株廃止を検討か 対中投資を制限

 

いよいよきな臭くなってきた。
アメリカが中国を抑え込む気はかなり強いということだな。

でも、アメリカも中国を潰してということは考えていないと思う。
ある程度、コントロールできる範囲で成長させて。。。という感じだと思う。

 

でも、

現状では中国の法律で監査資料の開示などが制限されている

ってひどいでしょ。。。
でも、それをOKとしていたアメリカ市場も問題。
結局は儲かりそうなら大丈夫そうな範囲は許容するということなんだろう。
それだけ、中国市場はうまみが多かったということか。

これまで以上に投資市場は荒れそうである。

撮り鉄の思考とコミュニティー

一部の撮り鉄の異常性が注目されている。
閉鎖的なコミュニティーで培養された彼らの思考は、おそらく外のことなんか考えていないだろう。
多様性のないコミュニティーにいるものだから同じ場所、同じ時間、同じ構図に固執し、自分の所属するコミュニティーに持ち帰り、自己満足する。
コミュニティーが狭く閉鎖的でレベルの低いものだからルールも守れない。
その行為で迷惑する人のことなんて考えてないだろうし、自分一人ぐらいいいだろうなどと考える。
下手すると「自分が迷惑している」とさえ思っているかも。

 

日本という国は鉄道は独自の進化を遂げて、見ていても面白いし、
鉄道各社の運用も知ったりすると面白い。

それを写真に撮ることは悪いことではないと思うし、むしろ記録を残すのはいいことだと思う。
記録に残す際には、物を壊す、移動させる、敷地に踏み入れることがないようにしないとダメ。
ルール違反は撮り鉄のコミュニティー側も厳罰を処す、処されることが求められると思う。

 

コミュニティーのルールがもっと正常なものになれば、こんなルール違反はないだろうし、
仮に写真を公開してもルール違反と叩かれるから、ルール違反をして写真を撮ろうなどというモチベーションにもならないと思う。

「冷凍チャーハン」100億円市場、各社こだわり開発の舞台裏

最近の冷凍食品は、冷凍技術の向上も合わさってめちゃくちゃおいしい。

持ち帰りで一度半解凍されることへの影響などは結構気になっているけども、どうなんだろう。
個人的には本格炒め炒飯が好きかな。

 

冷凍食品に頼ることも多いので、大きい冷蔵庫が欲しくなる。。。
野菜室が真ん中で、冷凍が下でいいので、いいのあるかな。

 

 

パナソニックが執行役員を大幅減

思い切った削減。
業務を監督する取締役と執行を担う執行役員を分けていたのね。

無駄に頭でっかちでも会社は回りにくくなるだけなので、
こうあるべきだが、こういった判断は良くできたなと思う。

ただ、下記の通り、

個別事業を担う執行役員は原則として社員に戻るが、処遇や権限、責任は変えず、人件費も減らさない。

 とあるように名前を変えただけという気もしなくもない。
権限などが役員級の管理職が誕生しただけ、とみてもいいのかも。
どう転ぶか少し楽しみな案件。

「5Gでムクドリ大量死」デマ拡散 2018年にFacebookで流行したフェイクニュース

ねとらぼ: 「5Gでムクドリ大量死」デマ拡散 2018年にFacebookで流行したフェイクニュース. https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1908/28/news120.html

 

何かがおかしいと思ってたらデマだったか。

でも、電磁波による健康への影響は不透明なので少しは気にしてないといけない。

タバコ関係の論文ではすでに有名だが、金貰ってそれっぽく仕上げた御用達論文が存在することを考えておかないと…

データのピックアップの仕方、検証の仕方、話の持って行き方で結論の着地点を変えることも出来るのだから

世界初の充電可能な「鉄イオン電池」が開発される、高エネルギー効率でリチウムイオン電池より安全

GIGAZINE: 世界初の充電可能な「鉄イオン電池」が開発される、高エネルギー効率でリチウムイオン電池より安全. https://gigazine.net/news/20190827-iron-ion-battery/

 

鉄系の二次電池は中国が研究を熱心にしてたイメージだけど、今回はインドからか。

鉄が見逃されてるなんてことはないけど、課題が山積してたのが、少しずつアイデアで解決されたってだけでは…

いずれにしても今後の研究が順調に進むことを祈るばかり。

 

対抗馬としては、全固体電池も視野になんだろうけど、あれは価格が高くなるから、きっとコストメリット出していくんだろうな。

山形の温泉、銀山温泉

山形の温泉、銀山温泉

2019/8/24の旅サラダで紹介されていました。

きれいに手入れされている街並みで、ノスタルジックを感じることのできる良さそうな町でした。

ご飯もおいしそう。。。

 

さらに宿泊費も激高でもなくて良さそう。

旅の候補にしよう。