「下手なこと言うとセクハラ」 自民市議の発言に批判

[embed]https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00000085-asahi-pol[/embed]

男尊女卑は未(いま)だ凄(すさ)まじい」「これでは女性が全部出て行って市が潰(つぶ)れても自業自得」といった批判が相次いだ。市役所にも苦情が複数寄せられたという。 川越氏は23日、朝日新聞の取材に対し、「悪気はなかった。ちょこっと言ったことが大きくなっている。悪かったのであればおわびをします」と語った。 女性市議が初めて誕生することが決まった鹿児島県垂水(たるみず)市の市議選(14日告示、21日投開票)をめぐり、自民党の川越信男市議(66)が告示前、女性市議について「やりにくい。下手な言葉を言えば、セクハラ・パワハラと言われる恐れもある」と語っていたことがわかった。民放番組で22日夜、コメントとして放送

この放送見た。 感じ悪いし、九州は遅れてるなぁと思ってしまった。

しかも、問題視されている発言を言い終わった後、 「以上、はい。」みたいなお高く留まっている感じも非常に悪い印象だった。

しかもこれ、本人たちを目の前にしている中での発言だったからね。

 

[amazon_link asins='4909788018,B00KHESAEC,B0058GGEVA' template='hy-original' store='avohm-22' marketplace='JP' link_id='e9754326-56b5-45b7-acd1-96a64dd57ce2']