ほるるもんど

撮り鉄の思考とコミュニティー

一部の撮り鉄の異常性が注目されている。
閉鎖的なコミュニティーで培養された彼らの思考は、おそらく外のことなんか考えていないだろう。
多様性のないコミュニティーにいるものだから同じ場所、同じ時間、同じ構図に固執し、自分の所属するコミュニティーに持ち帰り、自己満足する。
コミュニティーが狭く閉鎖的でレベルの低いものだからルールも守れない。
その行為で迷惑する人のことなんて考えてないだろうし、自分一人ぐらいいいだろうなどと考える。
下手すると「自分が迷惑している」とさえ思っているかも。

 

日本という国は鉄道は独自の進化を遂げて、見ていても面白いし、
鉄道各社の運用も知ったりすると面白い。

それを写真に撮ることは悪いことではないと思うし、むしろ記録を残すのはいいことだと思う。
記録に残す際には、物を壊す、移動させる、敷地に踏み入れることがないようにしないとダメ。
ルール違反は撮り鉄のコミュニティー側も厳罰を処す、処されることが求められると思う。

 

コミュニティーのルールがもっと正常なものになれば、こんなルール違反はないだろうし、
仮に写真を公開してもルール違反と叩かれるから、ルール違反をして写真を撮ろうなどというモチベーションにもならないと思う。